作成者別アーカイブ: comoty

「ベルメゾン きのこLEDらいと」がつかなくなった!

「ベルメゾン きのこLEDらいと」の修理です。
(内部配線の断線のハンダ付け修理)

00

めっちゃキュートなキノコのランプです。
きのこLEDらいと

きのこを上から押すと点いたり消えたりします。

寝るときに真っ暗だと子供がこわがるので、常夜灯として使っていました。
4歳の長男がいつもスイッチをつけるのですが、キノコを押すというよりは、「どつく!!」という感じで、強烈な打撃に耐えられず、点かなくなりました。

裏ぶたのネジを外して、中を見てみます。

01
02

断線していました。
見たところ、構造も単純で、断線したところのハンダ付けをやり直せば修理できそうです。

でも、我が家には「ハンダごて」はありませんでした。

きのこLEDらいとは¥1,050。これより安くハンダごてを入手しなければ、きのこLEDライトを買い替えたほうが良いということになります。

なんとしてもハンダごてを安く入手しなければ!

ホームセンター・コーナンに行くと、ありました。¥680円で!

03

すごい!この値段でハンダと吸取線と簡易こて台までついてるのか!

04

セット内容

セット内容

簡易こて台にセットしてみたところ

簡易こて台にセットしてみたところ

ハンダと吸取線

ハンダと吸取線

ハンダごてに感動するのはこれくらいにして、肝心の修理に取り掛かりましょう。

ハンダづけできるように、断線した線の被膜をむきます。

はさみで被膜をカットします。線がとても細いので注意深く行います。

08
09
10
11

ハンダ付けを行います。今回は外れた端子部分に残っていたハンダをそのまま溶かして付けることができました。

12

裏ぶたをつける前に、スイッチを入れて点灯チェックします。
無事に点きました。

13

寝室に戻します。

14

点けます。か、かわいい…

15

¥680で安く修理できました。浮いたお金で「赤いきのこ」も買っても良いかもね!(これの赤バージョンもあるんです。)

トイレットペーパーホルダーが壁からもげた!

トイレットペーパーホルダーの修理です。
(石膏ボードの壁のアンカーのネジ穴の補修)

【今回使用したもの】

トイレットペーパーホルダーの取り付けの根元のネジ穴がくずれて、グラグラになってしまいました。息子が誤って力をかけてしまい、バキッといってしまったらしいです。

01

02

トイレットペーパーホルダーの部品を外していきます。

26
03

このタイプの分解には六角レンチが必要です。

04
05
06

壁には石膏ボード用のアンカーで止められています。
+ドライバーで分解できます。

07
08

アンカーを抜いてみると、ネジ穴がくずれて広がってしまい、ネジが効かなくなっていました。
アンカーは2つですが、それとは別に使われていない2つの穴が開いていました。
施工業者の作業ミスか、過去に別の製品がついていた痕跡と思われます。
今回の作業には影響ないので、この穴はそのままにしておきます。

09

壁は石膏ボードです。広がった穴を狭めてアンカーが抜けないようにする必要があります。
石膏ボードの補修剤をAmazonで購入しました。
2日後に到着しました。

ねじパテ 石膏ボードの壁用 NG-01 ¥705
10

【Amazonで見る】 ねじパテ 石膏ボードの壁用 NG-01

この石膏ボード用のパテを使って補修します。

大きさはこのくらい。今回の作業には十分足りるでしょう

10-1

この製品は6mmまでの穴に対応するとされています。

11

今回補修する穴は8mm程度と大きすぎるため、失敗する可能性もあります。

12

パテをネジ穴へ入れていきます。
大きい穴のため、細いドライバーを使って、パテをならしながら入れていきました。

13
14
15

24時間で固まります。
今回は、穴埋めの作業後に用事で2日間家を空けたため、十分固まっていました。

16

ベースのパーツを当てて、ネジ穴の位置を確認します。

17

ネジ穴の位置に鉛筆で印をします。

18

アンカーの穴の大きさが大きいため、まず細い穴を開けてアンカーを入れやすくします。
電動ドリルがあれば楽ですが、持っていないため、ドライバーセットについているドリルみたいなもの(千枚通し?)で穴を開けました。結構しっかりした硬さのため、強度がありそうです。

19

周りがくずれることもなく、無事に穴が開きました。

20

本当はもう少し大きい穴を開けたほうが、アンカーをねじ込みやすいんですが、工具がないのでこれで進めます。

アンカーをねじ込んでいきます。
じわじわと慎重に行いました。

21

しっかりとアンカーが入りました。

22

アンカーにベースのパーツを取り付けます。
特にグラグラすることもなく、大丈夫そうです。

23
24

トイレットペーパーホルダーを組み立てます。

25
26

修理完了!ばっちりです。

27

【今回使用したもの】

エレキギター、ジャンク品のストラト

これはハードオフで2,000円で買ったジャンクギターです。
ネックが若干順ぞり、ステッカーがベタベタ貼っていました。
音はちゃんと出ました。

ステッカーをきれいにはがしました。

ジャンク・ストラト

ジャンク・ストラト

あと、ストラトタイプのボリュームノブの位置が邪魔なので、トーンポッドを1つはずして、位置をずらしています。
1ボリューム、1トーンです。
トーンはフロントのみ効きます。
ノーマルのボリューム位置が邪魔で苦手という人は結構いるみたいですね。

メーカーは、ギター入門用激安ブランドのSELDER(セルダー)です。ジャンク品のため、品番は不明ですが、現行品で調べたところST-16相当のものと思われます。楽器店サイトでは9,800円でミニアンプやシールドなどの付いた入門セットで販売されています。

私の子供が小さいため、ギターを倒したり叩いたりするため、いたずらされて少々壊れても惜しくないギターを用意しておきたいという目的で購入しました。9,800円ならとても安いので、新品で購入しても良いかもしれませんね。

しばらく使用してみて、実際に子供にかなり打撃を加えられましたが、さすがはストラトタイプのギター、丈夫で折れたりはしません。
ただ、問題はフレットに弦の打ち傷ができてしまい、非常に弾き難くなってしまいます。

フレットの傷は、ザックリと耐水ペーパーでゴシゴシ磨いて直しています。
磨きの仕上げは非常に精度が低く、演奏性は悪いですが、一時しのぎのギターということで我慢しようと思います。
これでも、子供にギターを壊されるのを恐れて全くギターを触らないよりは、100倍ギターを楽しめますよ!