ジャンク・ストラト トレモロアームの交換はサイズに注意!

こちら、以前このブログでも紹介したジャンク・ストラトです。

ジャンク・ストラト

ジャンク・ストラト

すごくボロくてしょぼいのですが、結構気に入って弾いています。

標準的なシンクロナイズドトレモロですが、購入時にアーム欠品でした。

しばらくは、
「オレはアームなんでいらねえ! 男はグイッとネックベンドや!」
「ジェイク・E・リーさんをリスペクトしています。」
「マイケル・シェンカーは神や!!!」
という感じで、アームレスで楽しんでいました。

それなりにネックベンドでも音程下がるし、チューニングが安定しているので楽なのですが、やっぱりギターに悪いし、アームで遊びたいなーっと思っていました。

ヴァン・ヘイレンとかが好きなこともあり、フロイドローズ付きのギターが欲しいのですがね。あのド派手なアーミングとかあこがれます。

ただ、弦交換が面倒そうなのと、チューニング変更(レギュラーから半音下げなど)がさっとできないのが難点で、絶対に買うぞ!とは思えないです。

それなら、そこそこ柔軟性のあるロック式でないシンクロナイズド・トレモロのちゃんとしたギターが欲しいですね。

でも、これから本格的にギター活動復活させたり、バンド活動しようとは思っていないので、新しいギター買うのももったいないと。

なので、今ある資産、このジャンクストラトにアームを付けて、ちょろっとアームプレイを楽しみたいと思います。

実は、3年前にもアームを購入して取り付けようとしたのですが、なんと!アームの径が太くてはいりませんでした。

どうやらアームの太さは数種類の規格があるようですね。

4.8mm / 5mm / 5.5mm / 6mm

どれかな?
なんとなくアームを取り付ける穴に定規を当てて測ってみたら、4.8mmか5mmかな?

3年前のアームは何mmのだったのか?

全く覚えていませんし、現物はヤフオクで売ってしまって手元にないので確認できません。

とりあえず4.8mmの気がするので、こちらを購入。

もしユルユルやったらマスキングテープでも巻いてギュっと差し込んで使うか、潔く5mmを買うかしようと覚悟を決めました。

さて、取り付けてみましょう。

お!いけそう!

クルクル

いけたぜ!!!

トレモロのバネの調整をします。

今までアームレスだったので、ベタ付けのセッティングにしていました。

少しアームアップできるように調整します。

このようにねじを緩めます。

ベタ付けだと、アームダウン後、チューニングが戻らないので、少しだけアームアップする必要があるからです。

ほんのり1mm程度アップできれば大丈夫なのですが、今回は3mmくらいフローティングさせました。

アームの動作はまずまず。一応使えます。

アームを使うのは20年ぶりくらいなので、楽しいですね。